診療紹介

内分泌・代謝内科では、内科、内分泌、糖尿病、肥満、高血圧、動脈硬化の専門医資格を有するスタッフが視床下部・下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、性腺などの内分泌機能異常症及び尿酸・糖代謝・脂質などの代謝異常症の診療を行っており、メタボリックシンドローム、肥満、高血圧、糖尿病、痛風、骨粗鬆症などの生活習慣病の診療から先天性疾患の遺伝子診断などの高度先進医療に至るまで、幅広い分野にわたる良質の医療を皆様に提供できるよう努めております。

主な診療内容
1.内分泌疾患および肥満、高血圧、糖尿病・高脂血症・痛風・骨粗鬆症などの代謝性疾患の診断と治療。
2.負荷試験などの専門的手法を用いた視床下部・下垂体・甲状腺・副甲状腺・副腎・性腺内分泌系の機能診断。
3.先端巨大症に対する徐放性注射薬による治療、バセドウ眼症に対する放射線併用ステロイドパルス療法などの専門的治療。
4.病診連携に基づいた糖尿病の教育、合併症評価、インスリン導入など。

診療時間

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
内分泌・代謝外来 午前 吉田 守美子
三井 由加里
福本 誠二
倉橋 清衛
遠藤 逸朗(内分泌一般、骨粗鬆症)
午後 吉田 守美子
三井 由加里
山上 紘規
遠藤 逸朗
粟飯原 賢一(第4週のみ)
倉橋 清衛
糖尿病外来 午前 吉田 守美子
三井 由加里
船木 真理
(第2,3)
松久 宗英
倉橋 清衛
黒田 暁生(1型糖尿病)
午後 吉田 守美子
三井 由加里
松久 宗英
黒田 暁生
倉橋 清衛
肥満外来 午前 吉田 守美子
松久 宗英
午後 吉田 守美子
松久 宗英
甲状腺超音波検査 午前 吉田 守美子
三井 由加里
午後

治療実績

先進糖尿病治療実績 2021年度

FreeStyleリブレ使用患者 257名
持続グルコースモニタリング:CGM(Dexcom G4およびG6)使用患者 44名
持続グルコースモニタリング:CGM(ガーディアンコネクト)使用患者 1名
インスリンポンプ療法(SAP療法およびポンプのみ)患者 35名
インスリンポンプ療法(SAP療法)患者 26名


スタッフ紹介

トピックス

病院広報誌いきいきらいふに当科の記事が掲載されています。

54号「最新のインスリンポンプ療法」閲覧

58号「成人成長ホルモン分泌不全症(重症)に対する成長ホルモン療法」閲覧

62号「採血なしの血糖自己測定について」閲覧

69号「肥満専門外来について」閲覧

71号「甲状腺の病気のいろいろ」閲覧

新聞に当科の記事が掲載されています。

2017年6月25日 徳島新聞 骨粗しょう症早期発見肝心閲覧

2017年10月3日 毎日新聞 生活習慣改善へ教育入院のススメ閲覧

2017年12月23日 徳島新聞 免疫チェックポイント阻害剤 甲状腺副作用閲覧