診療紹介

【栄養部の業務について】
○栄養部の主な業務は、入院患者さんへの食事提供であるフードサービスと、栄養食事指導も含め入院から退院後を含めた栄養管理です。

・食事は治療の一環として重要な役割を担い、同時に入院中の患者さんにとっては楽しみのうちの一つでもあります。糖尿病や高脂血症(脂質異常症)、高血圧症などの生活習慣病や、腎臓病などの治療には食事療法がとても重要です。そのためには、個々の患者さんの病状に応じたきめ細かな対応が必要となります。「安全で安心した美味しいお食事」が継続的に提供できるように、室員一同励んでいます。
・栄養管理業務として、医師や他の医療スタッフと一緒に栄養サポートチーム(NST)の一員としてチーム医療を行っています。管理栄養士の立場から患者さん個々の栄養状態に応じた提案を行っています。
・医師の指示に基づき、腎臓食、肝臓食、糖尿食、高血圧食などの食事療法や、食習慣改善について栄養食事指導を実施しています。個々の患者さんにあわせ、治療に必要な食事のとり方について具体的にアドバイスさせていただきます。管理栄養士が食生活における不安や疑問にお答えし、食事療法への理解を深めるお手伝いをしています。

診療時間

相談窓口

栄養相談のご案内

栄養部では、患者さんを対象に食習慣改善のための栄養相談を行っています。
○ 外来栄養指導:月曜日~金曜日:要予約(各患者 :1回/月実施可)
○ 入院栄養指導:月曜日~金曜日:要予約(入院中 に2回)
○ 外来化学療法室 栄養指導:月曜日~金曜日:要予約
医師の指示に基づき(栄養指導箋)、腎臓食、肝臓食、糖尿食、胃潰瘍食、貧血食、高脂血症食、痛風食、高血圧食、肥満症食等の食事療法について栄養食事指導を実施しています。
外来化学療法室で治療を受けておられる患者様を対象に副作用による食欲不振や栄養状態の低下に対して栄養相談を実施しています。

集団栄養教室のご案内

今年度開催予定しておりました糖尿病教室・生活習慣病教室・減塩教室につきまして、現在の社会情勢を考慮ししばらくの間中止させていただいております。
情勢が落ち着きましたら、改めて開催を予定させていただきますので、再開時期につきましてはホームページなどよりお知らせいたします。

徳島大学病院のお食事について

栄養部では、入院患者さんの栄養管理と、「安全で安心した美味しいお食事」をお届けしています。バラエティに富んだ季節感溢れるメニューの作成や、食べやすく美味しい料理づくりに365日取り組んでいます。お食事には、一般食の他、糖尿病食や腎臓病食などの治療食、軟らかい形態のお食事などをお届けしています。

選択メニュー食:一般食(常食・幼児食)

一般食(常食・幼児食)では、栄養バランスを考慮した食事の提供とともに、毎日3食(朝・昼・夕)、2種類の料理からお好きなメニューを選んで頂く、選択メニューを実施しています。『おいしい』というメッセージもいただき、皆様から大変ご好評を得ております。

~患者さんからのメッセージ~
・完食。中華3品大変美味しく頂きました。
・春巻きとても美味しかったです!!ご飯は残してすみません
・かぶの含煮、味付けが最高です。煮くずれもなく中まで味がついてなにかコツがあるのかな~

治療食:腎臓食、肝臓食、糖尿病食、胃潰瘍食 等々

各治療食を通して、栄養管理とともに、治療の一翼を担う食事療法へのサポートを行っています。また、栄養相談や栄養教室でも、食の大切さをお伝えし、継続した食生活改善の実践をお手伝いしています。ぜひ、管理栄養士と共に「食」への取り組みを始め、食生活の改善に挑戦してみませんか。

そのほか・・・

病院でお誕生日を迎えられる方には、お食事に「お誕生日カード」を添えてお届けし、祝日や行事日にも、その日にふさわしいお食事とメッセージカードでお祝いしています。
「食はいのち」「食はこころ」そして「食は文化」…毎日の食事を大切にすごしましょう。

スタッフ紹介

トピックス

「いきいきらいふ(徳大病院だより)」

「いきいきらいふno.70(2022.7月号)」に記事が掲載されました」
食事のヒント「朝ごはん、食べていますか?」

※掲載記事はこちら  閲覧