てんかんセンターとは

てんかんは人口100人に1人にみられる脳の疾患です。乳幼児から高齢者までどの年齢でも発症します。近年、てんかんを取り巻く環境は大きく変化し、てんかん診療は新たな時代に突入しています。通常は抗てんかん薬による薬物治療で発作はコントロールできますが、薬物によっても発作を抑制できない場合は薬剤抵抗性てんかんと呼ばれ、より詳しい検査および治療が必要になります。本センターは、てんかん診療に関わる診療部門・多職種が連携して、専門的かつ包括的に診療することを目標に開設されました。現在、徳島県に「てんかん支援拠点病院」として指定され、日本てんかん学会に「包括的てんかん専門医療施設」として認定されています。

徳島県のてんかん支援拠点病院として、コーディネーターによる患者、家族への専門的な相談支援、他の医療機関や自治体、関係機関との連携、患者、家族、地域住民や医療従事者への教育・啓発活動を行っています。包括的てんかん専門医療施設として、てんかんを専門とする医師および多職種による包括的連携によって、あらゆる年齢を対象としてビデオ脳波モニタリングを含めた正確な診断とてんかん重積に対する医療、てんかんに併存する精神医学的課題に対する診断や対応、就労支援・社会参加への推進への取り組み、てんかん外科の実施を行っています。

また、新たな取り組みとしては、てんかんに関するオンライン診療を開始する予定です。

徳島県てんかん診療連携体制

てんかんセンターHP