診療科等のご案内

中央診療棟施設等

病院情報センター

診療紹介

 病院情報センターでは、医療とシステムの共存・共栄を実現すべく、医療の専門家とシステムの専門家の間で、橋渡し・調整をし、診療の業務効率化・円滑化(BPM/BPR:Business Process Management / Business Process Re-engineering)に貢献しています。情報通信技術(ICT:Information and Communication Technology)を活用し、医療情報・医療資源(ヒト・モノ・カネ)が、適切な時に、適切なヒトに、適切な場所で、最適な状態で提供され続けられるために必要な環境・体制・運用の整備に取り組んでいます。

病院情報センターは、平成21年3月に医療情報部と医事課医療情報係を統合して発足しました。
医療情報学、医療マネジメント学などを専門とする教職員、事務職員やシステムエンジニアにより、病院情報システムを管理運営し、日々進歩し、変わる医療現場と情報技術の共生・融合を臨床現場の関係者と共同検討しています。
医師、看護師、薬剤師、その他メディカルスタッフ、医療事務などで構成される委員会を運営し、様々な診療科・部門のバランスを加味した病院全体最適の視点での組織としての情報化を遂行しています。

スタッフ紹介

  • 部長 廣瀬 隼
  • 経  歴:

    1992年 熊本大学医学部卒業
    1992年 熊本大学医学部附属病院(整形外科)
    1993年 水俣市立総合医療センター(整形外科)
    1994年 熊本県立こども総合療育センター(整形外科)
    1995年 熊本大学大学院医学研究科(整形外科)入学
    1999年 熊本大学大学院医学研究科博士課程修了
    1999年 米国ウィスコンシン医科大学(リウマチ科)留学
    2002年 国立病院機構熊本医療センター(整形外科)
    2006年 熊本大学医学部附属病院助手(整形外科)
    2009年 熊本大学医学部附属病院講師(医療情報経営企画部)
    2014年 熊本大学医学部附属病院准教授(医療情報経営企画部)
    2017年 徳島大学大学院医歯薬学研究部教授(医療情報学分野)

  • 専門分野:

    日本整形外科学会専門医・リウマチ医
    日本リウマチ学会専門医・指導医
    日本骨粗鬆学会認定医
    社会医学系専門医協会専門医・指導医
    日本スポーツ協会スポーツドクター

  • 副部長 桑原 章
  • 経  歴:

    1995年 徳島大学大学院

  • 専門分野:

    日本産科婦人科学会専門医
    生殖医療専門医(日本生殖医学会)
    内視鏡技術認定医(日本産婦人科内視鏡学会)

    生殖内分泌学,生殖生理学,不妊症

  • 副部長 大倉 一夫
  • 経  歴:

    1993年 徳島大学歯学部歯学科卒業
    1997年 徳島大学大学院歯学研究科博士課程修了

  • 専門分野:

    歯科補綴学(日本補綴歯科学会専門医・指導医)
    口腔顔面痛(日本口腔顔面痛学会暫定専門医・指導医)
    睡眠歯科学
    スポーツ歯科学(公益財団法人徳島県体育協会専門委員会・委員)

  • 助教 玉木 悠
  • 経  歴:

    2008年 徳島大学 工学部

  • 専門分野:

    医療情報学

  • 技術専門職員 岸上 雅哉
  • 経  歴:

    1987年 大阪工業大学

  • 専門分野:

    医療情報学

  • 技術専門職員 田木 真和
  • 経  歴:

    2002年 徳島大学 工学部

  • 専門分野:

    医療情報学

主要業務

■医療情報の一次利用
 円滑で、正確な診断・治療のための、医療情報の一次利用(患者への説明・医療費請求、臨床スタッフ間での情報伝達・共有、診療情報の記録・参照など)を実現すべく、電子カルテ、オーダーエントリーシステム、医事会計システムはじめ各種診療部門システムや診療支援機器・装置の導入・改善・保守をしています。

■医療情報の二次利用
 臨床研究はじめ薬剤疫学、公衆衛生、医療経済など、診療を受けている患者本人が直接的に利益を得るわけではないが、いずれはまわり回って多くの患者にメリットを及ぼすという公益的な目的での医療情報の利用(二次利用)のために、診療業務で発生する様々なデータを蓄積・管理するデータウェアハウス(DWH:Data Ware House)を運用しています。

■地域医療連携・地域包括ケア
 隣接する県立中央病院はじめ県内の様々な医療機関・施設と、セキュリティを確保した上で、医療情報を伝送・共有できるシステム基盤を整備・運用し、脳卒中・小児周産期などの救急医療、糖尿病・がんなどの慢性疾患医療、予防医療を支援しています。