当院について

DPCに基づく病院指標

平成30年度 徳島大学病院 病院指標

この病院指標は、DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成したもので、当院の特徴と急性期医療の現状をご理解いただくことを目的としています。

DPCとは、ひとことで言えば、急性期入院医療に係る包括支払い制度です。入院中に最も医療資源(人、物、お金)を使った傷病と診療内容(手術・処置等)によりDPCコードが決定されますが、そのコードごとに1日あたりの入院費が設定されており、入院日数に応じて入院費が決定するしくみとなっています。この制度下の病院については、入院診療データを厚生労働省に提出することが義務付けられており、このデータを使用して今回の指標を作成しました。

現在公開している病院指標は、平成30年度(平成30年4月1日~平成31年3月31日)中に当院を退院した(歯科は除く)症例を集計対象として作成しています。ただし、労災保険、自動車賠償責任保険、自費等の保険請求がない症例は集計の対象外となっています。

※患者数が10件未満の各種項目については、個人情報が特定されるのを防ぐため、数値ではなく-(ハイフン)で値を表示しています。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

対象期間中(平成30年度)に退院された患者さんの年齢を10歳刻みで示しています。
入院日時点での年齢で、90歳以上の患者さんについては年齢区分90~に一括しています。

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1146 437 420 840 1131 1494 3034 3510 1436 94
50歳代以上の患者数は徳島県の将来推計人口の構造と同様の構造をしており、70歳代の患者数が最も多くなっております。当院の症例としては、主に狭心症、脳卒中、乳がんの症例が増加しております。他にはハイリスク妊産婦や小児科・小児外科といった徳島県内では減少している産科や小児、新生児の患者数の増加により、40歳代以下の人口は減っていますが、患者数は増加しております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

診療科毎かつDPCコード(診断群分類)毎に症例数を集計し、症例数の上位5つを公開しています。指標に示されるそれぞれの項目に関しては、以下の通りです。

DPCコード:診断群分類を表す14桁のコードで、病気と治療方法等の組み合わせでDPCコードが決定されるため、同じ病気でも治療方法が違えばDPCコードは異なります。
DPC名称:どのような病気と治療方法の分類かを表します。ここに示す薬剤名は、商品名ではなく一般名称で表しています。
平均在院日数(自院):該当する症例で入院した患者さんの在院日数の平均値です。
平均在院日数(全国):厚生労働省より公表された平成30年度における全国のDPC対象病院の在院日数の平均値です。
転院率:該当する症例のうち、当院から他の病院に転院することとなった患者さんの割合です。

循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 心臓カテーテル法による諸検査(一連の検査について) 左心カテーテルまたは右心カテーテルあり 294 3.34 3.01 1.02 70.00
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うものあり 168 6.73 5.15 0.00 63.21
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のものあり 心臓カテーテル法による諸検査(一連の検査について) 左心カテーテルまたは右心カテーテルあり 166 5.30 4.47 0.00 69.32
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 44 4.48 7.54 2.27 67.80
050210xx97000x 徐脈性不整脈 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 等あり 心臓カテーテル法による諸検査(一連の検査について) 左心カテーテルまたは右心カテーテルあり 43 10.23 11.01 9.30 71.23
循環器内科では、狭心症に対するカテーテルを用いた検査・治療入院や不整脈に対するペースメーカー移植やカーディオバージョンの入院症例数が上位となっております。平成29年度と比較すると、いずれの症例も増加し、狭心症に対するカテーテル検査入院は年間300例近くとなっております。平均在院日数に関しても、狭心症に対する冠動脈ステント留置術で約1日、不整脈に対するペースメーカー移植術で約3日の短縮ができております。
呼吸器・膠原病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 経気管肺生検法あり 130 4.13 3.43 0.77 69.82
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 84 11.14 15.58 2.38 55.63
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 83 11.22 19.06 12.05 69.34
040040xx99090x 肺の悪性腫瘍 手術なし ペムブロリズマブあり 45 11.33 10.32 0.00 66.18
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし カルボプラチン+パクリタキセルあり 37 30.19 19.34 2.70 64.35
呼吸器・膠原病内科では、肺癌に対する検査・薬物療法、全身性エリテマトーデスや多発性筋炎・皮膚筋炎等の膠原病に対する治療、間質性肺炎に対する検査・治療の入院症例数が上位となっております。平成29年度と比較し、肺癌に対する分子標的薬や免疫療法の症例が増加しております。また間質性肺炎に対する検査入院や治療、膠原病関連肺疾患等の症例も増加し、平均在院日数も短くなっております。間質性肺炎は検査入院であれば約5~7日で退院できております。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満あり 276 3.58 2.67 0.00 64.88
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術あり 74 8.43 8.52 4.05 71.09
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) その他のものあり 56 10.50 10.42 5.36 73.43
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 内視鏡的胆道ステント留置術 等あり 55 10.47 10.08 0.00 72.98
060050xx0310xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍マイクロ波凝固法(一連として) その他のものあり 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) その他のものあり 47 14.85 14.56 0.00 73.64
消化器内科では、胃癌や大腸ポリープの内視鏡手術、肝癌に対する血管塞栓とマイクロ波凝固、胆管結石に対するステント留置が上位の症例となっております。平成29年度と比較すると、胃癌の内視鏡手術が増加しており、平均在院日数も約1日短縮できております。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 45 11.16 12.05 2.22 51.62
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 経皮的針生検法あり 39 8.03 7.18 0.00 49.72
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 17 24.82 21.40 0.00 61.71
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 人工腎臓 その他の場合あり 16 11.00 14.21 0.00 62.81
140550xx99x1xx 先天性嚢胞性腎疾患 手術なし トルバプタンあり - - 4.80 - -
腎臓内科では、腎疾患に対する腎生検や透析を含む治療を行う症例が上位となっております。腎生検とは腎臓の組織を採取し、診断や治療法を決定するために行う検査です。平成29年度と比較すると、平均在院日数は2~7日短縮できております。
内分泌・代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし インスリン製剤(注射薬に限る。)あり 14 14.93 14.27 7.14 58.50
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 14 13.29 11.54 0.00 65.93
100180xx990x0x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 11 5.18 6.35 0.00 59.64
100180xx991xxx 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 副腎静脈サンプリングあり 10 2.80 4.02 0.00 53.50
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし インスリン製剤(注射薬に限る。)あり 副傷病あり 10 18.60 15.14 0.00 67.70
内分泌・代謝内科では、副腎腫瘍等においてホルモン過剰の有無を調べる検査や2型糖尿病に対するインスリン導入や食事・生活指導を行う教育入院が上位になっております。平成29年度と比較すると、平均在院日数が糖尿病で約3日、副腎腫瘍の検査入院で約5日短縮されております。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし リツキシマブあり 63 16.03 16.17 3.17 66.71
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 化学療法あり 37 35.97 40.13 0.00 53.86
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり リツキシマブあり 36 35.22 32.36 16.67 64.19
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 手術なし ベンダムスチン塩酸塩あり 25 11.68 13.75 0.00 64.32
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし ボルテゾミブあり 14 22.64 23.43 7.14 66.43
血液内科では、非ホジキンリンパ腫、急性白血病、多発性骨髄腫に対する化学療法の症例が上位となっております。患者さんの状態によっては輸血を実施する場合もあります。平成29年度と比較すると、非ホジキンリンパ腫に対する化学療法の症例が増加し、平均在院日数は白血病、非ホジキンリンパ腫で約5日程度、多発性骨髄腫は約30日短縮しております。
食道・乳腺甲状腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)あり 123 13.35 10.59 5.69 59.39
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 化学療法ありかつ放射線療法なし 65 25.09 9.58 6.15 70.94
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)あり 49 7.76 6.23 0.00 60.88
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし トラスツズマブあり 37 2.24 4.15 0.00 67.73
100020xx010xxx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除 等あり 26 7.15 8.68 0.00 53.85
食道・乳腺甲状腺外科では、乳癌の手術・化学療法症例、食道癌の化学療法症例、甲状腺癌の手術症例が上位となっております。平成29年度と比較し、乳癌の手術症例は約1.5倍、食道癌に対する化学療法症例も約2倍に増加しています。食道癌に対しては、副作用に対処するため、術前化学療法を入院にて行っており、平均在院日数は約25日です。甲状腺癌に対する手術症例も増加しております。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 等あり 141 10.94 11.87 4.26 69.25
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 経気管肺生検法あり 70 3.04 3.43 1.43 69.97
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 化学療法ありかつ放射線療法なし - - 10.00 - -
040010xx01x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 胸腔鏡下縦隔悪性腫瘍手術 等あり - - 10.36 - -
040150xx97x00x 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術あり - - 31.09 - -
呼吸器外科では、肺癌の検査・治療や縦隔悪性腫瘍や膿胸に対する手術で入院となる症例が上位となっております。平成29年度と比較すると、胸腔鏡下手術を行う症例は平均在院日数が約5日短縮できており、気管支鏡検査入院を行う症例数は20例増加しております。
消化器・移植外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx99x40x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 化学療法ありかつ放射線療法なし 95 9.98 11.26 1.05 72.97
060020xx99x40x 胃の悪性腫瘍 手術なし ドセタキセル水和物あり 88 3.97 5.55 0.00 68.02
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術あり 62 14.15 15.30 20.97 68.21
06007xxx9906xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし フルオロウラシル+レボホリナートカルシウム+イリノテカン塩酸塩水和物+オキサリプラチンあり 51 11.71 5.96 0.00 71.63
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし ベバシズマブあり 42 6.00 4.33 0.00 52.07
消化器・移植外科では、大腸癌の腹腔鏡手術、肝癌・膵癌・胃癌に対する化学療法の入院症例が上位となっております。平成29年度と比較すると、大腸癌の腹腔鏡手術は20例以上、肝癌・胃癌に対する化学療法の入院症例は30例以上増加しています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー ガンマグロブリンあり 46 11.98 16.16 13.04 60.02
010155xxxxx20x 運動ニューロン疾患等 エダラボンあり 17 19.35 16.35 17.65 63.24
010170xx99x00x 基底核等の変性疾患 手術なし 15 15.27 14.37 20.00 62.87
010090xxxxx00x 多発性硬化症 10 10.60 14.49 0.00 39.20
010130xx99x4xx 重症筋無力症 手術なし ガンマグロブリンあり 10 15.50 17.57 0.00 56.00
神経内科では、慢性炎症性脱髄性多発神経炎・多巣性運動ニューロパチー・重症筋無力症等に対する大量免疫グロブリン投与やジストニア・多発性硬化症の治療が上位になっております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 49 4.24 7.28 0.00 5.73
140010x299x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 中心静脈注射あり 39 15.36 22.18 0.00 0.00
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 小児食物アレルギー負荷検査あり 36 2.00 2.14 0.00 3.06
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 29 7.28 6.17 0.00 0.00
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 心臓カテーテル法による諸検査(一連の検査について) 左心カテーテルまたは右心カテーテルあり 27 5.89 4.24 0.00 11.15
小児科では、てんかんの検査及び治療、低出産体重児の治療、食物アレルギー検査、先天性心疾患に対するカテーテル検査の症例が上位になっております。平成29年度と比較するとてんかんや先天性心疾患の検査入院の症例が増加しております。平均在院日数はてんかんで約3日、低出産体重児の症例で1~3日短縮できております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070350xx01xxxx 椎間板変性、ヘルニア 内視鏡下椎間板摘出(切除)術 後方摘出術あり 85 7.09 10.47 4.71 50.69
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 脳脊髄腔造影剤使用撮影加算あり 82 2.01 2.79 0.00 71.49
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節置換術 肩、股、膝あり 70 19.56 22.27 85.71 68.16
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓切除あり 62 16.87 16.80 48.39 71.87
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 骨移植術(軟骨移植術を含む。) 同種骨移植(非生体) その他の場合 等あり 48 19.81 21.39 68.75 63.85
整形外科では、椎間板ヘルニアに対する内視鏡手術、腰部脊柱管狭窄に対する造影検査・手術、股関節に対する人工関節置換の症例が上位となっております。平成29年度と比較すると、椎間板ヘルニアに対する内視鏡手術の症例は約20例増加しております。なお人工関節置換術や腰部脊柱管狭窄に対する手術後の転院率も10%以上増加しており、地域との連携も進んでおります。
形成外科・美容外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除あり 30 9.17 8.16 3.33 77.33
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径4センチメートル以上 等あり 20 3.70 4.05 0.00 25.65
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 19 7.95 9.46 0.00 5.26
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法あり 17 4.76 3.15 0.00 64.71
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 デブリードマン 100平方センチメートル未満 等あり 局所陰圧閉鎖処置(入院)(1日につき) 100平方センチメートル未満 等あり 14 38.79 48.53 57.14 59.21
形成外科・美容外科では、皮膚の有棘細胞癌・基底細胞癌等の悪性腫瘍や脂肪腫等の良性腫瘍、唇裂・口蓋裂のような先天異常、眼瞼下垂、糖尿病足病変に対する治療が上位となっております。平成29年度と比較すると、糖尿病足病変の症例が増加しております。平均在院日数では、皮膚癌の手術症例で約4日短縮できております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 造影剤注入手技 動脈造影カテーテル法 主要血管の分枝血管を選択的に造影撮影した場合あり 46 3.63 3.02 2.17 63.09
010230xx99x00x てんかん 手術なし 33 8.09 7.28 9.09 41.12
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のものあり 31 20.65 21.16 22.58 58.39
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 化学療法ありかつ放射線療法なし 29 12.34 17.10 13.79 66.62
010070xx9912xx 脳血管障害 手術なし 造影剤注入手技 動脈造影カテーテル法 主要血管の分枝血管を選択的に造影撮影した場合あり SPECTあり 27 5.44 5.32 7.41 58.81
脳神経外科では、脳血管疾患に対するカテーテル検査、脳腫瘍に対する手術、脳悪性リンパ腫に対する化学療法、てんかんに対する検査・治療の症例が上位となっております。平成29年度と比較すると、脳血管疾患に対するカテーテル検査、脳腫瘍の手術、てんかんの症例が10~20例増加しております。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 1以外の場合 腹部大動脈あり 40 11.10 12.01 7.50 74.58
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 四肢の血管拡張術・血栓除去術あり 22 5.91 5.50 4.55 74.18
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 心臓カテーテル法による諸検査(一連の検査について) 左心カテーテルまたは右心カテーテルあり 19 3.00 3.01 0.00 74.89
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 弁置換術 等あり 中心静脈注射あり - - 24.00 - -
050170xx99000x 閉塞性動脈疾患 手術なし - - 7.68 - -
心臓血管外科では、腹部大動脈瘤や胸部大動脈瘤の症例に対するステントグラフト内挿術、下肢閉塞性動脈硬化症に対する血管拡張術・血栓除去術、狭心症に対するカテーテル検査が上位の症例となっております。平成29年度と比較すると、大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術や下肢の静脈瘤に対する血管内焼灼術の平均在院日数が1~2日短縮できております。
小児外科・小児内視鏡外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)あり 117 2.95 2.82 0.00 3.70
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 臍ヘルニアあり 25 2.88 8.26 0.00 2.80
140590xx97xxxx 停留精巣 停留精巣固定術あり 11 3.00 3.14 0.00 2.00
11013xxx97xxxx 下部尿路疾患 手術あり - - 7.13 - -
14044xxx99x0xx 直腸肛門奇形、ヒルシュスプルング病 手術なし - - 5.86 - -
小児外科・小児内視鏡外科では、鼠径ヘルニア、臍ヘルニア(でべそ)、停留精巣の手術が上位となっております。鼠径ヘルニアに対しては腹腔下手術を行う症例が多く、入院日数も平均で3日と短くなっています。また、停留精巣については1歳前後に手術を行うことが望ましいとされており、当院でも1歳の患者さんに多く手術を行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080140xxxxx2xx 炎症性角化症 インフリキシマブあり 55 2.00 2.86 0.00 51.22
080190xxxxxxxx 脱毛症 31 3.03 3.52 0.00 31.61
080010xxxx0xxx 膿皮症 14 8.86 12.51 0.00 64.07
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群 13 17.85 10.30 0.00 48.54
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 10 7.30 8.98 0.00 70.10
皮膚科では、難治性の尋常性乾癬、膿疱性乾癬等の炎症性角化症、脱毛症、膿皮症、皮膚炎、帯状疱疹に対する治療目的の入院が上位となっております。平成29年度と比較すると、アトピー性皮膚炎等の皮膚炎の入院症例が増加しております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 前立腺針生検法あり 109 3.07 2.53 0.00 70.44
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のものあり 72 8.43 7.20 0.00 74.11
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの)あり 71 12.27 12.63 0.00 69.92
110080xx9907xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 密封小線源治療(一連につき) 組織内照射 前立腺癌に対する永久挿入療法あり 65 4.26 4.18 0.00 69.28
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 化学療法あり 34 12.94 10.97 2.94 70.15
泌尿器科では、前立腺癌に対するダヴィンチ手術・密封小線源治療・前立腺生検、膀胱癌に対する経尿道的手術や化学療法の症例が上位となっております。平成29年度と比較し、前立腺癌のダヴィンチ手術が約10例増加しております。
産科婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 化学療法ありかつ放射線療法なし 169 3.82 4.85 0.59 58.26
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 124 4.17 6.17 0.00 0.00
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 帝王切開術 選択帝王切開あり 113 10.49 9.70 0.00 34.12
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術あり 63 6.54 6.16 0.00 43.22
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし カルボプラチン+パクリタキセルあり 61 3.56 4.61 0.00 53.89
産科婦人科では、子宮や卵巣癌の化学療法、低出生体重児への治療、ハイリスク妊産婦に対する帝王切開、子宮の良性腫瘍に対する腹腔鏡手術が上位となっております。平成29年度と比較すると、子宮癌の化学療法の入院症例が約60例、ハイリスク妊産婦に対する帝王切開症例が約40例、子宮の良性腫瘍に対する腹腔鏡手術や卵巣癌に対する化学療法も増加しております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220xx97xxx0 緑内障 緑内障手術 流出路再建術 等あり 161 11.50 8.00 1.24 69.88
020160xx97xxx0 網膜剥離 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むものあり 105 8.87 9.75 0.95 56.49
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むものあり 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のものあり 92 7.45 7.05 0.00 68.68
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のものあり 81 4.37 2.84 0.00 70.09
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 網膜光凝固術 その他特殊なもの(一連につき)あり 62 5.66 6.55 0.00 68.02
眼科では、緑内障、網膜剥離、黄斑変性、白内障に対する手術症例が上位となっております。平成29年度と比較すると、黄斑変性に対する手術症例が30例程度増加し、平均在院日数も約1日短縮できております。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 56 8.34 7.04 1.79 59.68
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 耳下腺腫瘍摘出術 耳下腺浅葉摘出術 等あり 51 7.80 7.37 5.88 60.12
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 耳小骨温存術 等あり 34 7.59 8.29 0.00 39.26
030300xx01xxxx 声帯の疾患(その他) 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるものあり 29 4.48 4.84 0.00 63.55
03001xxx99x6xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし セツキシマブあり 28 22.93 15.35 7.14 67.82
耳鼻咽喉科・頭頸部外科では、慢性副鼻腔炎に対してナビゲーションシステムを併用した内視鏡手術を行い、中耳炎に対しては手術の他に、新しい分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬を使った化学療法を行っています。日曜日入院を導入したことから平成29年度と比較すると、平均在院日数が1.5日短縮できています。
放射線診断科・放射線治療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100020xx99x2xx 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし I131内用療法あり 17 6.65 6.51 0.00 70.29
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 経気管肺生検法あり 16 2.13 3.43 0.00 70.88
010010xx99030x 脳腫瘍 手術なし 化学療法なしかつ放射線療法あり - - 16.98 - -
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 内視鏡的胆道ステント留置術 等あり - - 13.33 - -
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 等あり - - 11.50 - -
放射線診断科及び放射線治療科では、甲状腺の悪性腫瘍に対するI131(放射性ヨード)の内用療法、肺癌に対するCTガイド下生検の入院症例が多くなっております。平成29年度と比較すると、肺癌に対するCTガイド下生検の平均在院日数が約1日短縮できております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

5大癌と呼ばれる胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌の患者数を初発時のUICC病期分類毎及び再発に分けて集計しています。
対象期間中(平成30年度)に退院した実患者数となっており、複数回入院された場合も1例としてカウントしています。

○UICC病期分類とは
UICC(国際対がん連合)によって定められた①癌の大きさと浸潤(癌が周囲の組織に入り込むこと)の状態②所属リンパ節への転移状況③遠隔転移の有無の3つの要素によって、Ⅰ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4つのステージに分類したものです。

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 98 29 89 130 18 16 1 7,8
大腸癌 40 75 54 124 27 15 1 7,8
乳癌 108 85 25 14 5 63 1 7,8
肺癌 101 36 90 181 17 90 1 7,8
肝癌 41 43 35 78 17 79 1 7,8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃癌は、検診等で早期発見しやすい癌であり、Ⅰ期は患者さんへの負担が比較的少ない内視鏡や腹腔鏡での治療が可能なステージと言えます。胃癌や大腸癌ではⅣ期が多いですが、手術や化学療法など、患者さんの状態に合わせた幅広い治療が行われています。
乳癌はⅠ期とⅡ期の患者さんが多く、ステージの高い患者さんは少ない傾向にあります。乳癌の治療法には、外科療法、放射線治療、薬物療法などがあります。
肺癌は5大癌の中でⅣ期の患者さんが最も多くなっています。肺癌の治療方針は、肺癌の分類(非小細胞肺癌、小細胞癌)と病期(ステージ)に基づいて、全身の状態や年齢、心臓や肺の機能、合併症なども含めて総合的に検討して決定されます。
肝癌は治療後も再発しやすい癌であり、他の4つの癌と比べて、初発治療後の再発による入院の比率が高くなっています。肝癌の治療は、外科療法、焼灼療法、肝動脈塞栓療法が中心となっていますが、患者さんの多くは癌と慢性肝疾患という二つの病気を抱えているため、治療は癌の病期(ステージ)だけでなく、肝機能の状態なども加味した上で選択する必要があります。
このステージ分類は、治療前に得られた情報で分類しているため、他院で治療後に当院へ紹介された場合には病期分類ができず、ステージが不明として分類されます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

入院日の年齢が20歳以上で市中肺炎(病院ではなく日常生活を送る中で罹患した肺炎)の患者さんについて、患者数・平均在院日数・平均年齢を示したものです。ウイルス性肺炎、誤嚥性肺炎、気管支炎、小児肺炎は含みません。重傷度については、肺炎重症度の評価項目(A-DROPスコア)を用いています。A-DROPスコアは、①年齢(男性70歳以上、女性75歳以上)②BUN21mg/dl以上又は脱水あり③SpO2が90%以下④意識障害あり⑤収縮期血圧90mmHg以下の5項目中1項目該当すれば1点とし、5点満点で評価します。 軽症:0点 中等症:1~2点 重症:3点 超重症:4~5点となり、意識障害がある場合は1点でも重症と判断します。

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 14 10.57 48.93
中等症 33 12.36 64.58
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
肺炎は、高齢になるにつれて重症度が上がる傾向で、当院も70歳を超える高齢者が全体の4割近くを占めます。また、がんをはじめとした基礎疾患によって免疫が抑制状態にある場合は、発症のリスクが高まるため当院では様々な診療科で治療を行っています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 106 16.21 71.90 63.2
その他 11 16.55 70.09 36.4
当院の脳卒中センターでは、徳島全域より脳卒中の患者さんを24時間体制で受け入れており、診療には脳神経外科医と神経内科医があたり、放射線科医、放射線技師の協力のもと最新の画像診断がいつでも行える体制にあります。静脈内血栓溶解療法(t-PA)やその他の血行再建術などの血管内治療の他、最新の治療方法を積極的に取り入れ、より低侵襲で効果的な治療を行い、良好な成績を得ています。発症後3日以内の急性期脳梗塞の患者さんが大半を占めています。
また、早期からリハビリテーションを開始し、急性期治療を終えた後には県内の関連病院で回復期リハビリテーションが行えるようにしているため、脳梗塞の転院率は6割を超えています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

診療科毎に実施の多い手術手技の上位5つを公開しています。各診療科でどのような手術を多く行っているかを知ることができます。

※「主要手術」とは、1入院期間中で、同時に複数の手術を行った場合の主たる手術のみを指し、また、1入院中で複数回手術を行った場合の主たる手術のみを指します。

Kコード:手術術式の点数表コードです。
名称:手術術式の名称です。
平均術前日数:入院日から、主たる手術の手術日(手術当日は含まない)までの日数の平均値です。
平均術後日数:主たる手術の手術日(手術当日は含まない)から退院日までの日数の平均値です。
転院率:該当する症例のうち、当院から他の病院に転院することとなった患者さんの割合です。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 142 2.10 3.70 0.00 65.20
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 130 2.00 2.98 0.00 70.67
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 38 1.58 2.39 0.00 65.45
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 28 2.21 3.82 0.00 54.14
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 24 2.21 9.79 4.17 75.71
循環器内科では、狭心症や心筋梗塞等の虚血性心疾患について、冠動脈の狭窄や閉塞箇所に風船(バルーン)を用いて拡張させ、さらに病変状態に応じて、網目状の金属製の筒(ステント)を植え込むカテーテル治療を多く行っています。また、心房細動等の不整脈に対して、原因となる部位に特殊なカテーテル(アブレーションカテーテル)で高周波電流を流して心筋を焼灼する治療やペースメーカー治療も行っています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 231 1.20 1.16 0.00 64.43
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) その他のもの 86 1.63 10.02 2.33 73.69
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 72 1.47 5.96 4.17 71.40
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 55 3.53 10.15 7.27 71.27
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 50 1.64 1.76 0.00 68.04
消化器内科では、消化器癌の早期診断を行うとともに、最先端の内視鏡的癌治療を多く行っています。大腸については年間280症例、胃については年間70症例を超えて実施しています。また、胆管癌や膵癌に対する胆道ステント留置術等の内視鏡的手術や、足の付け根からカテーテルを挿入し、肝癌の栄養源となる肝動脈に詰め物をして血流を止める肝動脈塞栓術も多く行われています。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 13 14.85 3.23 7.69 59.62
K6112 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 四肢に設置した場合 12 10.25 10.00 8.33 68.75
K6262 リンパ節摘出術 長径3センチメートル以上 - - - - -
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 - - - - -
血液内科では、非ホジキンリンパ腫や多発性骨髄腫に対して抗癌剤投与のための静脈内持続注入用植込型カテーテルの設置や造血幹細胞採取や造血幹細胞移植、悪性リンパ腫診断のためのリンパ節摘出術等が行われています。
食道・乳腺甲状腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 68 2.35 10.16 5.88 60.10
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 53 2.17 4.81 1.89 62.09
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 29 2.24 11.28 10.34 61.03
K4764 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。)) 15 3.07 7.73 0.00 61.00
K474-2 乳管腺葉区域切除術 13 1.77 3.08 0.00 52.54
乳癌に対しては、それぞれの状態により様々な手術の選択が可能です。切除で根治できるとともに乳房の変形を起こさないと予想されれば乳房温存手術、乳癌の広がりが大きく乳房の温存が難しい場合は胸筋温存乳房切除術を行っています。また、リンパ節の転移の有無により腋窩(ワキ)郭清術も行っています。食道癌や甲状腺癌には、内視鏡による外科治療も行っています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 65 3.57 8.08 6.15 71.08
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 62 3.15 5.40 4.84 68.87
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 12 3.08 4.92 0.00 63.25
K5132 胸腔鏡下肺切除術 その他のもの - - - - -
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 - - - - -
呼吸器外科では、肺癌に対する手術はほぼ全て胸腔鏡により行っています。胸腔鏡による手術は侵襲性が低いため、開胸手術に比べて在院日数は短くなります。
消化器・移植外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 69 4.52 12.46 27.54 69.59
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 37 1.76 3.70 2.70 58.78
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 31 1.61 3.32 0.00 67.84
K655-22 腹腔鏡下胃切除術 悪性腫瘍手術 22 3.50 10.41 40.91 71.23
K636-3 腹腔鏡下試験開腹術 22 5.18 7.55 4.55 67.82
消化器・移植外科では、腹腔鏡による手術を標準的に行っており、開腹手術に比べて侵襲性が低く、在院日数も短くなります。胆のう炎や胆石に対する胆嚢摘出から、消化器癌の切除、鼠径ヘルニア手術等、多数行っています。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 10 0.70 18.10 80.00 75.90
K386 気管切開術 - - - - -
K178-2 経皮的脳血管形成術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
神経内科では脳神経外科と協力して脳卒中センターでの急性期脳卒中診療を行っています。脳梗塞に対しては静脈内血栓溶解療法(rt-PA)やカテーテル手術(脳血栓回収術)を積極的に行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの 47 0.00 58.13 2.13 0.00
K5761 心室中隔欠損閉鎖術 単独のもの 11 4.82 17.36 0.00 1.64
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) その他のもの - - - - -
K5621 動脈管開存症手術 経皮的動脈管開存閉鎖術 - - - - -
K5812 肺動脈閉鎖症手術 ラステリ手術を伴うもの - - - - -
小児科では、低出生体重児等の新生児にみられる呼吸循環不全に対して、気道吸引や気管挿管等を行う新生児仮死蘇生術を多く行っています。また、多数の先天性心疾患の診療を行っています。周産母子センターをはじめ各診療科と協力して治療を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 121 2.49 16.44 87.60 69.51
K134-22 内視鏡下椎間板摘出(切除)術 後方摘出術 90 1.47 5.41 4.44 51.64
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓切除 67 2.88 14.06 52.24 70.51
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定 44 3.86 20.43 63.64 68.77
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 34 4.35 15.74 67.65 69.85
整形外科では、変形性関節症に対する人工関節置換術が最も多く行われており、手術後は9割近くの患者さんが転院し継続してリハビリを行っています。続いて、脊柱管狭窄症、頚椎症性脊髄症等に対しての脊椎固定術・椎弓切除術・椎弓形成術が多く、半数以上が術後に転院となっています。また負担の少ない局所麻酔による内視鏡を使った脊柱管狭窄症の手術治療の発展に取り組んでおります。
形成外科・美容外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 22 1.59 7.18 4.55 76.00
K016 動脈(皮)弁術、筋(皮)弁術 19 6.63 25.89 10.53 72.26
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径4センチメートル以上 17 0.94 2.53 0.00 28.88
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 13 0.92 1.85 0.00 26.00
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 11 0.82 3.00 0.00 65.82
形成外科・美容外科では、皮膚の有棘細胞癌や基底細胞癌に対する皮膚悪性腫瘍切除術が最も多く行われています。続いて耳鼻咽喉科・頭頸部外科、口腔外科で行われた大きな癌組織切除術後の再建術や、乳房再建手術で行われる皮弁移植手術を行っております。母斑や良性腫瘍等に対する皮膚、皮下腫瘍摘出術も多く行われており、皮膚の切除範囲に応じて植皮等を行い、術後の変形が最小限になるよう配慮しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 53 5.98 25.57 32.08 57.32
K1781 脳血管内手術 1箇所 31 1.45 18.81 38.71 66.16
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 27 2.33 19.22 33.33 64.96
K6101 動脈形成術、吻合術 頭蓋内動脈 18 3.61 17.17 27.78 48.83
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 16 1.06 8.44 6.25 73.69
脳神経外科では、脳腫瘍に対しての頭蓋内腫瘍摘出術が数多く行われています。現在は手術の安全性を高めるためナビゲーションシステムを導入しています。破裂脳動脈瘤によるくも膜下出血や未破裂脳動脈瘤に対する血管内手術や脳動脈瘤クリッピング術も多く行われています。この他にも、慢性硬膜下血腫に対する穿孔術や内視鏡を使った下垂体腫瘍に対する経鼻的腫瘍摘出術も行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612ロ ステントグラフト内挿術 1以外の場合 腹部大動脈 32 2.97 6.97 3.13 73.31
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 19 2.16 1.95 5.26 73.11
K5551 弁置換術 1弁のもの - - - - -
K6093 動脈血栓内膜摘出術 その他のもの - - - - -
K5612ハ ステントグラフト内挿術 1以外の場合 腸骨動脈 - - - - -
心臓血管外科では、腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術が最も多く行われています。人工血管にステントと言われるバネ状の金属を取り付けた新型の人工血管(ステントグラフト)を血管内壁に張り付ける手術で、侵襲性が低く負担が少ないのが特徴です。また、下肢の血管に動脈硬化が起こり足に十分な血流がなくなるとバルーン拡張等で血流を改善します。
小児外科・小児内視鏡外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 119 1.76 1.02 0.00 3.66
K6333 ヘルニア手術 臍ヘルニア 13 0.85 1.00 0.00 3.46
K6332 ヘルニア手術 半月状線ヘルニア、白線ヘルニア、腹直筋離開 10 0.90 1.00 0.00 2.20
K836 停留精巣固定術 10 1.00 1.00 0.00 2.20
K823-3 膀胱尿管逆流症手術(治療用注入材) - - - - -
小児外科・小児内視鏡外科では、腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術が最も多く、当科で行うLPEC法は、全国で初めて小児鼠径ヘルニアに対して腹腔鏡下手術を行い、確立した手術法です。続いて臍ヘルニア手術、停留精巣固定術が多くなっています。いずれの手術も3日程度で退院となっております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 74 2.42 6.07 0.00 73.82
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 71 2.69 8.58 0.00 69.92
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 34 1.97 3.21 0.00 57.47
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 20 1.70 3.95 0.00 63.55
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 18 4.89 4.78 5.56 60.00
泌尿器科では、膀胱癌に対する膀胱悪性腫瘍手術が最も多く行われています。続いて、前立腺癌に対するダヴィンチによる腹腔鏡の手術も多くなっており、良好な成績が得られています。掲載している前立腺癌だけでなく、腎癌に対してもダヴィンチによる手術を行っています。また、尿路結石に対する低侵襲の経尿道的砕石術も行っています。
産科婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 103 4.59 6.47 0.00 34.12
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 88 11.95 7.30 0.00 33.59
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 80 1.11 4.26 0.00 42.50
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 70 1.26 4.57 0.00 48.90
K879 子宮悪性腫瘍手術 39 1.44 11.36 2.56 57.74
産科婦人科のうち、産科では徳島県唯一の総合周産期母子医療センターとして、超早期の早産例、重症の合併症妊娠例、さらには地域の医療施設から緊急患者を受け入れるため、分娩の停止や、母体胎児異常等での帝王切開術が多く行われています。また、婦人科では腹腔鏡下手術をメインに悪性腫瘍や良性卵巣腫瘍、子宮筋腫の手術が多く行われています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 265 1.04 5.94 0.75 65.08
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 96 1.07 1.98 0.00 71.90
K2682 緑内障手術 流出路再建術 90 0.96 7.26 1.11 69.07
K2683 緑内障手術 濾過手術 61 1.25 12.67 1.64 68.08
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの 54 1.15 5.52 0.00 67.65
眼科では、緊急疾患の網膜剥離等に対する硝子体茎顕微鏡下離断術が最も多く行われており、年間260症例を超えています。続いて白内障に対する水晶体再建術、緑内障手術が多くなっています。白内障の手術は、外来手術がほとんどですが、ハイリスクを伴う場合は、入院でも行っています。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 55 2.09 5.29 1.82 61.91
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 37 1.08 6.11 0.00 20.24
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの 32 3.28 2.75 0.00 63.63
K3191 鼓室形成手術 耳小骨温存術 21 1.29 5.52 0.00 43.81
K4571 耳下腺腫瘍摘出術 耳下腺浅葉摘出術 18 1.61 5.72 11.11 60.67
耳鼻咽喉科・頭頸部外科では、頭頸部腫瘍に対する手術を多く行っています。特に、他の診療科と協力し、進行がんに対して再建手術を行っているのが特徴です。慢性副鼻腔炎に対しては、ナビゲーションシステムを原則使用して合併症の予防に努めています。さらに中耳炎に対する鼓室形成術や耳下腺腫瘍の手術に対しては全例神経モニタリングを行い、神経損傷の予防を行っています。
放射線診断科・放射線治療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 17 0.00 1.00 0.00 67.65
K773-4 腎腫瘍凝固・焼灼術(冷凍凝固によるもの) - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) その他のもの - - - - -
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) 止血術 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
放射線科では、造影下やCT下に行う、化学療法を目的とした植込型カテーテル設置や肝癌に対する血管塞栓術、腎腫瘍に対して行われる凝固・焼灼術が上位となっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 17 0.13
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 47 0.35
異なる - -
播種性血管内凝固や敗血症には、高額なDPC点数が設定されています。当院ではDICスコアやSOFAスコアにて評価を行い、適切に当DPCコードの選択を行っております。
当院で敗血症のDPCコードとなった症例では、17症例が入院当初より敗血症の治療目的で入院されており、入院経過中に合併症として敗血症を発症し、治療した症例もあります。全入院患者さんに対する発生率は0.18%となっています。平成29年度の全国DPC対象病院のデータ集計における敗血症の発生率0.57%と比較し、当院の入院経過中の敗血症発生率はそれより下回っており、全国平均と比較すると、重症化による敗血症の合併が起こりづらくなっております。
また、手術・処置等の合併症のDPCコードとなった症例は、49症例が入院当初より手術・処置等の合併症に対する治療目的で入院されており、創部感染や手術部狭窄、眼内レンズの脱臼、人工関節の感染やゆるみなどの治療を行っています。平成29年度の全国DPC対象病院のデータ集計における手術・処置等の合併症発生率0.76%と比較し、当院での発生率は0.37%と全国平均を下回っており、術後の合併症も全国平均より少なくなっております。
更新履歴
R1.9.30
初版
過去のDPCに基づく病院指標

平成29年度

平成28年度