当院について

病院品質管理室

病院品質管理室

ご挨拶

徳島大学病院はISO9001、ISO15189、プライバシーマークを取得しています。

我々の目標である“安全で患者満足度の高い先端的医・歯療の提供”のうち「先端的医・歯療」開発は各部署の努力に負う点が多いのですが、安全で透明度が高く、 患者さんの満足度の高い医・歯療の提供は病院全体で取り組まなければならない問題です。 そのためにも上記評価要求事項の弛みない実践と更新が必須です。

ISO9001はより動的な内容、すなわち「病院全体で、効率良く間違いのない治療を行うに相応しいシステムを作り上げ、 実践し、評価し、結果に基づいて改善・改良をしているか」を評価内容としています。

ISO15189は臨床検査技術部門に関する国際規格で、高品質な検査を提供するために要求される品質マネジメントシステムです。

プライバシーマークは「病院全情報の保全度、セキュリティ」を評価します。

病院品質管理室長としては、それぞれの外部評価を通して「世界に誇れるような徳島大学病院の医・歯療」と直接に結びつくような統一システム、また少しでも個人の業務内容の軽減化に寄与すると共に病院のバランスシート改善に繋がるような統一の仕組みができないかと考えています。

徳島大学病院に相応しい医療実行システムを考え(plan)、周知・実践し(do)、 その結果の評価(check)に基づいて再び実行システムを見直し実践する(act)、 PDCAサイクルが廻るよう、より具体的な方針を打ち出し頑張ります。

患者さんや社会の要望にきちんと答(応)えるのは私達の責務です。 国際標準に見合う品質マネジメントシステムを運用することで、医療の質の向上に努めたいと思います。

病院品質管理室長 西岡 安彦

ISO9001統轄部門

ISOは正式名称を国際標準化機構
(International Organization forStandardization)といい、
各国の代表的標準化機関から成る国際標準化機関で、
電気及び電子技術分野を除く全産業分野(鉱工業、農業、医薬品等)に関する国際規格の作成を行っています。

ISO9001は、製品の品質に対して顧客・消費者への信頼を
高めるとともに、品質レベルの向上並びに継続的業務改善の
推進によって顧客・消費者の満足度を高めることを目指した
品質運営管理の仕組みの国際規格です。

平成30年度 病院品質目標平成30年3月5日 病院長制定

1.機能するチーム医療の確立
  ① クリニカルパスの充実
  ② 病床の弾力的な運用
  ③ 医療安全文化の醸成

2.信頼される病院づくり
  ① 倫理教育の推進
  ② 信頼される臨床研究の整備
  ③ ICTを用いた医療連携

3.優しい病院づくり
  ① 患者満足度の向上
  ② 環境の改善
  ③ 癒し文化事業の推進

組織図

プライバシーマーク

徳島大学病院は、平成18年4月28日(金)に
全国の大学病院で初めて「プライバシーマーク」を取得しました。

「プライバシーマーク」とは、事業者が個人情報の取扱いを
適切に行う体制を整備していることを証明するものであり、
取得に当たっては、職員に対する個人情報保護等に関する研修会等の
開催、プライバシーマークに関するコンプライアンス・プログラムの作成、
個人情報が保管されている場所への静脈認証装置、もしくは
テンキーの設置、パソコンへのワイヤーロックの取付、
同じくモニターへののぞき見防止フィルムの貼付け、防犯カメラの
設置等のハード面での整備等を実施しました。

今後は、プライバシーマークがホームページ、院内等に
表示されることになり、患者様の個人情報保護ヘの意識向上にも
寄与することにもなります。

ISO15189部門


RML00240
臨床検査は患者診療にとって不可欠であり、疾患の診断、
治療方針の決定、治療判定などに用いられています。
本院臨床検査技術部門は、品質マネジメントシステムを構築し、
かつ検査技術の能力が要求事項を満たし、
測定された検査値は国際的にも互換性があることが認められて、
ISO15189認定を取得しました。

臨床検査技術部門では、認定取得後も、
より高品質なデータを診療に提供するために、検査スキルの向上と
継続的な改善に取り組んでいます。

1.高品質な検査値を提供し、高度先端医療に貢献する。
2.患者診療に貢献できる高品質なサービス提供する。
3.高度な専門知識・技術を有し、高い倫理観を伴った医療人を養成する。
4.ISO15189の要求する国際規格への適合性を継続する。