入院のご案内

入院の手続きについて

入院について

入院については、緊急の場合を除き、各診療科外来にて、医師が入院の説明と予約を行います。

その後、患者支援センターにて、入院時に必要な書類をお渡しし、入院手続き等に関する事前説明と看護師からの問診を行います。

入院日当日は、指定の時間に来院し,外来棟1階の患者支援センター内入退院サポート窓口へ次の書類を提出して入院手続きをしてください。※別途、指示がある場合は、それに従ってください。

入院日が未定の場合は、各診療科より連絡を行います。

ご都合により、「入院予約の変更」あるいは「入院の取り消し」される方は、診療科外来の医師又は看護師に早めに申し出てください。

入院当日の手続きについて

入院手続きの窓口は、外来棟1階の患者支援センター内入退院サポート窓口です。
入院日当日は、指定の日時に来院し,窓口の担当者に次の書類を提出して入院手続きをしてください。
※別途、指示がある場合は、それに従ってください。
手続き後、入院病棟にご移動いただき、ナースステーションにお声かけください。

入院手続きに必要な書類

提出書類 対象者 内容等
入院申込書
入院保証書
全員 用紙に記載しています注意事項をよくお読みになり、漏れや間違いがないように記入してください。
保険証 全員 入院手続きの時、入院中に保険証又は保険証の記載内容が変更になった時は必ずご提示ください。老人医療受給者証をお持ちの方は、一緒にご提示ください。
限度額適用認定証 70歳未満の方 入院費の窓口での支払いが一定の限度額になりますので、ご自身の保険証に記載されている保険者に事前申請し、認定証を発行してもらい入院時にご提示ください。
診察券 全員 入院中の手術・検査・処置等の際に使用しますので、入院時に病棟の医師又は看護師にお渡しください。
他の医療機関における入院確認について 全員 用紙にご記入のうえご提出ください。また、本院へ入院される前3ヶ月以内に他病院に入院されていた方は、退院証明書をご提出してください。
個人情報保護及び禁煙に関する同意書 全員 入院時に同意書をお読みになり、ご確認のうえ必要事項をご記入願います。
入院時食事標準負担額減額認定証 該当者の方のみ 市町村民税非課税世帯の方は、入院中の食事標準負担額が減額になりますので入院時にご提示ください。
各種医療券等 該当者の方のみ 育成医療、更生医療、特定疾患、医療扶助といった公費医療受給者証をお持ちの方は、入院手続きの際に必ずご提示ください。
(注1) 保険証をお持ちでない場合(加入していない方を含む)の入院料金は、
全額自費扱いとなります。
(注2) 保険証や医療費等の「有効期限、種類、内容」等に変更があった場合は、
患者さんの支払額や保険請求額も変わってくるため、速やかに
患者支援センター内(入退院サポート窓口)に申し出てください。
(退院後は、外来棟1階総合受付に申し出てください。)
過去にさかのぼっての保険の適用・変更はできません。
(注3) 交通事故又は労働災害保険(労災)で入院される方は、
入院手続きの際に必ず申し出てください。
(注4) 時間外の入院手続きは、
時間外救急受付(電話:088-633-9211)で行っています。

入院時の持ち物

医師及び看護師から指示のあった書類、物品がありましたらご持参ください。
事前に準備していただく標準的な持ち物は以下のとおりです。

  • 認印 (手術・検査・処置等の同意書や特別室入室の申込みに必要になります。)
  • お薬(お薬手帳と現在服用しているお薬は、全て持参してください。軟膏・目薬・インスリン等も含みます。)
  • 洗面用具(洗面器、歯ブラシ、歯磨き粉、石鹸(ボディーソープ)、タオル、くし、シャンプー、ひげ剃り等)
  • 食事用品(はし、スプーン、急須、コップ等)
  • 日用品(ティッシュぺーパー、タオル、バスタオル、イヤホン等)
  • 衣類(靴下、下着等)
  • 寝衣(パジャマ等)
  • はきもの(はき慣れたかかとのあるくつ(音のしないもの)
         ※サンダルやスリッパは転びやすいため、入院生活には適していません。

寝具(布団、枕、毛布)

寝具(布団、枕、毛布)は、本院でご用意いたします。

電気器具の持込

テレビ・ポット等の電気器具の持ち込みは、原則禁止しております。

インターネットコーナー

各階フロアー及び患者図書室(リブロ)にインターネットコーナーがあります。
有料の特別室のうち各個室にインターネット接続環境を導入しております。
(LAN接続対応のパソコン及びLANケーブルは患者の皆様ご自身でご用意ください。)

※ 注意:盗難防止のため現金や貴重品は持ち込まないようお願いします。
※ また、入れ歯やめがね等の身に付けるものについても、本院では責任を
  負いかねますので、管理につきましては患者の皆様で十分ご注意願います。