各種相談室

臨床遺伝診療部(遺伝カウンセリング外来)

遺伝カウンセリング外来

診療紹介

◎ 部門のご紹介
 近年、ヒトの遺伝子、遺伝性疾患、家族性腫瘍や先天性の疾患の遺伝子診断などに関する情報は、インターネットを中心としたメディアを利用して誰もが簡単に入手できるようになってきています。
 
 しかし、膨大な情報が、逆に何が正しい情報かをわかりにくくし、遺伝に関する悩みを抱えている方々の不安を増大させる例も見られます。

 遺伝カウンセリング室は、ご自身やご家族、親戚などの「遺伝性」と考えられる病気のことで、不安や悩み、問題を抱えている方、遺伝子検査を受ける必要があるか迷っておられる方などに、遺伝に関する正しい知識と最新の情報を提供し、ご自身が納得いく方向で悩みや問題を解決できるように必要な支援の提供を行っています。

 また、遺伝カウンセリング室は、各診療科や他の相談室と連携しています。臨床遺伝専門医や認定遺伝カウンセラーの他、臨床各科の医師・看護師が必要に応じて一緒に相談を行う、あるいは診療検査が必要な場合は各科を受診していただくことが出来ます。

 個人情報に関しては徹底した管理を行います。情報が他にもれてその方が不利益をこうむることはありません。

*親子鑑定など、疾患に関係のない遺伝子検査は行っておりません。ご希望の方は、よくよく考えられた上で必要であれば、弁護士・司法書士・行政書士にご相談下さい。

----------------------------------------------------
◎ 母体血を用いた新しい出生前診断(NIPT)、家族性腫瘍(遺伝性乳がん・卵巣がん症候群、家族性大腸ポリポージス症、など)の遺伝カウンセリングについては、詳細情報を本ホームページの下段に掲載しておりますので、スクロールしてご確認下さい。

診療時間

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
遺伝カウンセリング
(完全予約制)

臨床遺伝専門医・研修医
(時間は応相談)
臨床遺伝専門医・研修医
(時間は応相談)
臨床遺伝専門医・研修医
(時間は応相談)
臨床遺伝専門医・研修医
(時間は応相談)
臨床遺伝専門医・研修医
(時間は応相談)

スタッフ紹介

  • 副部長 加地 剛
  • 経  歴:

    徳島大学医学部(1995年卒)

  • 専門分野:

    臨床遺伝専門医(日本人類遺伝学会)

    周産期医学、臨床遺伝学

  • 医師 遺伝カウンセリング担当 前田 和寿
  • 経  歴:

    徳島大学医学部(1988年卒)

  • 専門分野:

    臨床遺伝専門医(日本人類遺伝学会)

    周産期医学、臨床遺伝学

  • 医師 遺伝カウンセリング担当 阿部 彰子
  • 経  歴:

    徳島大学医学部(2002年卒)

  • 専門分野:

    臨床遺伝専門医(日本人類遺伝学会)

    産婦人科、家族性腫瘍

  • 医師 遺伝カウンセリング担当 瓦井 俊孝
  • 経  歴:

    広島大学医学部卒

  • 専門分野:

    臨床遺伝専門医(日本人類遺伝学会)

    神経遺伝学

  • 医師 遺伝カウンセリング担当 中山 聡一朗
  • 経  歴:

    徳島大学医学部(2002年卒)

  • 専門分野:

    臨床遺伝専門医(日本人類遺伝学会)

    周産期医学、臨床遺伝学

  • 医師 遺伝カウンセリング担当 吉田 あつ子
  • 経  歴:

    徳島大学医学部(2009年卒)

  • 専門分野:

    産婦人科専門医(日本産科婦人科学会)

    周産期医学

  • 医師 遺伝カウンセリング担当 島田 亜紀
  • 経  歴:

    徳島大学医学部(2002年卒)

  • 専門分野:

    臨床遺伝専門医(日本人類遺伝学会)

    小児耳鼻咽喉科

  • 医師 遺伝カウンセリング担当 中野 誠一
  • 経  歴:

    旭川医科大学医学部(2004年卒)

  • 専門分野:

    臨床遺伝専門医(日本人類遺伝学会)

    耳鼻咽喉科

  • 医師 遺伝カウンセリング担当 祖川 英至
  • 経  歴:

  • 専門分野:

    産婦人科

  • 認定遺伝カウンセラー 遺伝カウンセリング担当 宮本 容子
  • 経  歴:

  • 専門分野:

    認定遺伝カウンセラー
    胚培養士、体外受精コーディネーター

  • ゲノムメディカルリサーチコーディネーター 吉田 友紀子
  • 経  歴:

     

  • 専門分野:

    ゲノムメディカルリサーチコーディネーター

-

遺伝性疾患とは

遺伝子や染色体の変化などによってひきおこされる病気を、広く「遺伝性疾患」といいます。決して、親から子に伝わることによって起こる病気だけを意味していません。遺伝子や染色体の変化が突然変異によって起きることもよくあります。

だれもが皆、疾患の原因となる遺伝子を数個はもっています。最近では、ほとんどすべての病気に遺伝的素因が関係しているといわれています(生活習慣病やがんなど)。

このようなことで悩まれていませんか?

【お子様の事】
■ 医師から、子どもが先天性の病気と言われました。
  親のせいでしょうか。
  次の子どもが欲しいのですが心配です。
  親戚には誰も同じ病気の人はいないのに、何故なのでしょうか。
  染色体異常ということですがよくわかりません。
  子供の病気の診断がつかず、どうしたらいいのか悩んでいます。

【妊娠の事】
■ 妊娠したのですが、
  赤ちゃんに異常がないか心配です。
  高齢妊娠なので、赤ちゃんに異常がある確率が高くなるのではと心配しています。
  妊婦検診で異常があるかもしれないと言われ、とても心配しています。
■ なかなか赤ちゃんを授からないのですが、夫婦のどちらかに何かの原因があるのでしょうか。

【ご自身の事】
■ 自分の病気が子供に遺伝しないか心配です。

【ご家族の事】
■ 家族(祖父母・親・兄弟・いとこ)が遺伝性疾患と診断されました。
  自分や兄弟、自分の子供への遺伝が心配です。
  遺伝子検査で自分も同じ病気になるかどうかわかるのでしょうか。
  自分や兄弟、自分の子供へどう伝えればいいのか悩んでいます。
■ 親戚に知的障害の人がいます。自分の子供への遺伝が心配です。
■ 家族が遺伝するがんと言われました。自分はどのようなことに気をつけたらいいでしょうか。
■ 親戚にがんの人が多いのですが、自分もがんにかかるリスクは高いのでしょうか。

【検査の事】
■ 遺伝子検査をすると、将来いろいろな病気になるかどうかが分かると聞きました。
  そのような検査で、どのくらい正確にわかるのでしょうか。

遺伝カウンセリングは完全予約制です

◎ 完全予約制です

 遺伝カウンセリングは予約制です。まず、お電話で予約をお取り下さい。

 予約受付: 平日13~16時
 相談時間: 平日9~16時
 TEL: 088-633-9218
(他のご相談対応中はすぐにお電話に出られない場合もございます。その際は恐れ入りますが、時間をおいておかけ直し下さい)

 折り返し、予約日時のお知らせと、相談事を記入する用紙を郵送させていただきます。相談事を用紙にご記入の上、予約の日時に、病院1階の1番初診窓口へお越し下さい。

遺伝カウンセリング料

◎ 遺伝カウンセリングには、通常(*注)健康保険は適応されません。このため、相談料として 1回 1時間 5,400円(1時間を越えた場合は30分ごとに 1,620円加算)をご負担頂いています。

◎ 再来または院内紹介のご相談の場合は 1回 30分 2,700円(1時間を越えた場合は30分ごとに 1,620円加算)となります。

*注
 一部の遺伝性疾患においては、遺伝子検査に伴う遺伝カウンセリング(月1回)について健康保険を適用することができるようになりました。詳細についてはお問い合わせ下さい。

臨床遺伝診療部の活動内容

◎ 相談に訪れる一般の方に対して「遺伝カウンセリング」を行っています。診察は行っておらず、相談のみとなります。必要に応じて、別途各科を受診して頂きます。

◎ 医療関係者に対して遺伝医学や臨床遺伝専門医についての「情報提供」を行っています。

臨床遺伝診療部(遺伝カウンセリング外来)の場所について

遺伝カウンセリングは、病院内の相談室で行っています。予約時に場所を案内します。

臨床遺伝専門医について

臨床遺伝専門医制度について

臨床遺伝専門医は、遺伝医療に関連した様々な問題の解決を担う医師であり、次項の能力を有することが期待されています。

1) 遺伝医学についての広範な専門知識を持っている。
2) 遺伝医療関連分野のある特定領域について、専門的検査・診断・治療を行うことができる。
3) 遺伝カウンセリングを行うことができる。
4) 遺伝学的検査について十分な知識と経験を有している。
5) 遺伝医学研究の十分な業績を有しており、遺伝医学教育を行うことができる。

受験資格等の詳細は「臨床遺伝専門医制度委員会」のホームページで確認できます。
 http://www.jbmg.jp/

-

徳島大学において母体血を用いた新しい出生前診断(NIPT)を検討されている妊婦さんへ

NIPT検査について

この検査はNIPTコンソーシアムの臨床研究として行っているもので、日本産科婦人科学会の指針を遵守しています。

対象となる妊婦さん、検査までの流れについては、下記「閲覧(pdf)」でご確認下さい。

対象となる妊婦さん、検査について  閲覧

受診の流れ  閲覧

NIPTを受けられる前の自己チェックリスト(妊婦さん用)  閲覧

NIPT検査についてのお問合せ先

 ■ 遺伝カウンセリング室 平日13~16時 TEL:088-633-9218 

NIPT検査の予約方法について

NIPT検査では、妊婦さんご本人からの予約は受け付けていません。
必ずかかりつけ医で紹介状をもらい、かかりつけ医よりFAX予約で徳島大学病院産婦人科「出生前診断外来」の予約を取ってもらって下さい。

 ■ FAX予約(予約センター) 平日9~17時
   FAX:0120-33-5979 TEL:088-633-9106
   http://www.tokushima-hosp.jp/info/fax.html  

主治医の先生へ:紹介状作成のお願い

NIPTを希望されている妊婦さんをご紹介して頂く際は、ご予約時にFAX予約用紙とともに下記紹介状(診療情報提供書)をお送り下さい。  閲覧

NIPTの予約日(初回カウンセリング、採血、結果説明)について

初回カウンセリングおよび結果説明のご予約は、隔週の水曜・金曜の午前、採血のご予約は毎週月曜・火曜・木曜の午前でお取りしております(2019年3月現在)。

NIPTの費用について

最初のカウンセリングに5,400円、採血検査及び結果の説明に160,920円必要です。

-

遺伝性のがんについて

遺伝やがんについて悩んでいませんか?

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんは、母や自分ががんになりやすい体質かもしれないと知り、遺伝カウンセリングを受けて遺伝子検査をする決心をしました。

その結果、自分が母と同じ乳がんや卵巣がんになりやすい遺伝子の変化を持つ事がわかり、まだがんになっていない乳房と卵巣・卵管を、予防的に手術で切除する選択をされました。アメリカでは一般的な予防方法で、日本でも少しずつ広がっているところです。

遺伝性乳がん・卵巣がん症候群以外にも、遺伝する可能性のあるがんがあります。遺伝カウンセリングにより、遺伝子検査を受ける必要があるかどうか、受けた時のメリット・デメリットを知り、がんの予防や早期発見・治療のために、最適な判断をして頂くことができます。

遺伝性のがんの遺伝カウンセリング

まず、あなたの病歴と家族歴を伺います。家族歴から家系図を作成し、遺伝性のがんか、または一般的ながんかどうか、一緒に考えていきます(遺伝カウンセリングまでに、親族の情報を集めていただけると役立ちます)。

遺伝や遺伝子・染色体、遺伝性のがんと遺伝子検査などについて、あなたがお知りになりたいことや、必要な情報をお伝えします。遺伝子検査を受けられる場合、検査前と検査後に、説明の遺伝カウンセリングを行います(遺伝子検査の費用は別料金となります)。

検査のメリット・デメリットは人によって異なるので、遺伝カウンセリングで詳しく説明します。ご心配のある方は一度遺伝カウンセリングにお越しください。
治療や遺伝子検査以外の検査については、各科専門の外来(乳腺外科・婦人科・消化器内科など)をご紹介することも可能です。

健康な方でも、がんや遺伝のことでお悩みでしたら、ご相談ください。

遺伝性のがんの例

以下は、遺伝性のがんである「遺伝性乳がん・卵巣がん症候群」と「リンチ症候群」についてのパンフレットです。
下記疾患の遺伝カウンセリングをお考えの方はご参考下さい。

「遺伝性乳がん・卵巣がん症候群」について  閲覧

「リンチ症候群」について  閲覧

遺伝子検査の Q and A

Q:検査に危険はありませんか?  
A:通常の採血と同じです。

Q:健康保険は適用されますか? 
A:ほとんどの場合は適用されませんが、現在一部のがんでは適用となる場合があります。

-

信州大学医学部附属病院 遺伝子診療部
長崎大学病院 遺伝カウンセリング室
難病情報センター
小児慢性特定疾病情報センター
日本人類遺伝学会
日本遺伝カウンセリング学会
日本遺伝看護学会
NPO法人 難病のこども支援全国ネットワーク
NPO法人 遺伝カウンセリング・ジャパン