当院について

ご挨拶

ご挨拶

徳島大学病院は安全で安心な高度医療を提供いたします。

徳島大学病院の理念は、先端的で、かつ安全な医療を実践するとともに、人間愛に溢れた医療人を育成することです。この理念実現のために本院は、(1)人間尊重の全人的医療の実践、(2)高度先端医療の開発と推進、(3)高い倫理観を備えた医療人育成、(4)地域医療および社会への貢献という目標を掲げ、県内唯一の特定機能病院として日々の診療、研究、教育、地域貢献に励んでいます。

少子高齢化が進む中、国の地域医療構想(医療政策)に沿った大学病院や地域各病院における病床機能分化と役割分担が進んでいます。この状況下、本院は、高度急性期・急性期の病院として重症患者(がん、難病、手術、3次救急、周産期医療)を対象とした低侵襲で高度な専門診療に取り組みます。今後は、さらに地域の医療ニーズに応えるために複数の診療科・部が協働した包括的、集学的医療を行うセンター系医療も充実していきます。
医療イノベーションの時代を迎えています。本院も国民、県民が望む新しい医療を開発するために、全診療科にわたるゲノム医療(個別医療)や高度な臨床研究が行える人材育成と体制整備を進めます。
地域住民・医療機関との連携強化(紹介入院、退院調整、逆紹介)も医療の質向上に欠かせません。本院は患者支援センターを中心に患者の皆さまやご家族、医療機関が大学病院の医療を利用しやすいよう努めています。医療全般の相談業務も行っていますので、ご不明な点がありましたら遠慮なくご相談ください。

本院の高度医療を支えるのは志を同じくする職員のチーム医療です。キャリア形成支援センターの機能を充実するとともにチーム医療教育を推進し、思いやりの心を持つ優れた医療系職員を育成いたします。

本院はこれからも病院理念の実践に努め、来院される皆さまに安全で良質な医療を提供できるよう職員一同一丸となって精進してまいります。皆さまからの暖かいご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

徳島大学病院長  香美 祥二