医療関係者向けニュース

医療関係者向けニュース

経カテーテル的大動脈弁置換術 (TAVR )関連学会協議会が認定する実施施設に認定

 徳島大学病院(病院長 永廣信治、循環器科科長 佐田政隆、心臓血管外科科長 北川哲也、手術部長 島田光生)は、経カテーテル的大動脈弁置換術 (TAVR )関連学会協議会が認定する実施施設として 認定を受けました。四国地区の大学病院では初めての認定施設となります。

 TAVR手術を行うには、関連学会協議会が設立したTAVR関連協議会による書類審査と実地査察による施設認定が義務化されております。

 TAVR手術は、大動脈弁狭窄症患者様に対して、従来の人工心肺を用いて行っていた大動脈弁置換術を、カテーテルを用いて行う方法です。近年、そのデバイス改良も急速に進んでいます。
 日本では、対象となる症例選択には厳しい限定が科されておりますが、その実施件数は着実に増加しています。 特に超高齢などで体力的に開心手術が出来ず心不全に陥っていた方や、様々な合併症や悪性腫瘍疾患のため人工心肺を用いた手術が躊躇される方に対して 、この新しい治療を本院でも提供できるようになります。

 特定機能病院として県内外から様々な合併症・併存症をもつハイリスク患者様が多く集まる本院で、個々の患者様の状態・ご希望に応じて、高度で最良の医療が提供できるよう、これからも関連各科ならびに部署と協力しながら、国民のQOLの向上と徳島県地域医療の発展に貢献してまいります。

 尚、TAVRに関する詳細は下記サイトよりご確認ください

 TAVR治療に関して http://tavi-web.com/
 実施施設一覧 http://j-tavr.com/facility.html

文  責;徳島大学病院TAVR実施(準備)責任者
      黒部 裕嗣(心臓血管外科総務医長)

お問合先;徳島大学病院 弁膜症低侵襲専門科外来
      (tel; 088-633-7150)


TAVIのおはなし ~経カテーテル大動脈弁治療とは~
(掲載にあたっては、エドワーズライフサイエンス株式会社の許可を得ています)
PDF閲覧


2017年の医療関係者向けニュース

各年のお知らせ