医療関係者向けニュース

医療関係者向けニュース

ダヴィンチ泌尿器科トレーニング症例見学施設に認定

徳島大学病院(病院長 永廣信治)は、内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」を用いた泌尿器科の医師向けトレーニング症例見学施設として認定を受けました。四国地区では初めての認定施設となります。



世界的にもダヴィンチ(内視鏡手術支援ロボット)による手術への期待が高まっていますが、ダヴィンチを使用して手術を行うためには、関連学会が推奨するトレーニングが義務化されており、その一つに製造販売元である米国インテュイティブサージカル社から「ダヴィンチサージカルシステム泌尿器科症例見学施設」として認定を受けた施設での見学があり、その症例見学の認定を受けるためにはダヴィンチ手術の経験と質の高い内視鏡手術を行っていることが条件となり、全国的にも限られた施設しか認定を受けられません。
ダヴィンチによる手術は、従来のものに比べて、より鮮明な画像でより緻密な手術ができるという特徴を有しています。また、体に負担が少ないだけでなく、ロボット技術を使用することにより、高解像度3D画像や自在に曲がる器具、手ぶれを除去する機能を備えており、腹腔鏡手術よりさらに精度の高い手術が可能となります。医師は数ヵ所の小さな切開部から、繊細で複雑な低侵襲手術を行うことができ、術後における患者様の体の負担も軽減できます。
本院が症例見学施設に認定されたことにより、より高度な低侵襲医療の発展に貢献してまいります。




2016年の医療関係者向けニュース

各年のお知らせ