お知らせ

お知らせ

手術支援ロボットダヴィンチで日本初の快挙

本院ではロボット支援手術(ダヴィンチ)の機能を活かし、このほど食道裂孔ヘルニアと胆石症の同時手術に日本で初めて成功。それについて、5月23日(水曜日)に副病院長で執刀医の丹黒章教授が記者会見を行いました。
これまでの腹腔鏡手術では、狭い胸部や腹部で複雑な縫合カ所の多いものでしたが、ダヴィンチは細部の拡大ができ三次元で鉗子やメスが自在に扱えることから非常に大きな手術支援効果を発揮し、患者さんにとって手術時間や入院期間の短縮、治療の選択肢が広がるなどのメリットが大です。
集まった新聞やテレビなどのマスコミも、丹黒教授の分かりやすい一つひとつの説明にうなずきながら聞き入っていました。




2012年のお知らせ

各年のお知らせ