お知らせ

お知らせ

徳島大学病院フォーラム2011秋を開催しました

平成23年10月10日、本院はNPO法人日本高血圧協会及び徳島新聞社NPO法人医学研究・教育支援機構、アステラス製薬株式会社、日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社との共催により、ホテルクレメント徳島において市民公開講座「徳島大学病院フォーラム2011秋~血圧を下げて元気で長生き~」を開催し、約600名の県民の方々に参加いただきました。
フォーラムは、安井夏生病院長の挨拶に始まり、佐田政隆同院循環器内科長、荒木秀夫徳島大学大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部教授、小原繁同教授が食事や運動などで血圧を下げる方法について講演を行いました。加藤秀夫県立広島大学人間文化学部健康科学科教授は高血圧の予防法について実験を取り入れて紹介、家森幸男武庫川女子大学国際健康開発研究所長は、健康的に長生きするための食事法の紹介を行いました。
会場に設けた徳島大学医学部保健学科看護学専攻の学生による血圧測定コーナーや美味しいと感じる塩分量を比較するみそ汁試飲コーナーでは、参加者が長蛇の列をなしていました。
「徳島大学病院フォーラム秋」は、生活習慣病に焦点をあて、正しい医学情報を県民に届けることを目的に開催しています。三度目の開催となった本年度も、多くの方のご協力により、盛況のうちに終了することができました。




2011年のお知らせ

各年のお知らせ