お知らせ

お知らせ

文部科学省 平成22年度「看護師の人材養成システムの確立(看護職キャリアシステム構築プラン)」に採択されました

 本院は、この度、文部科学省の平成22年度「看護師の人材養成システムの確立(看護職キャリアシステム構築プラン)」に申請していた「愛と知と技のバランスのとれた看護職養成~自己啓発力を高め看護実践力向上を目指すプラン~」が、全国の国立私立大学から申請された34件の申請中4件の選定という難関を突破し、採択されました。

 この事業は、大学病院看護部と自大学看護学部・看護学科等が連携して、臨床研修体制・方法を、学問的検討を加えながら開発することにより、看護職の効率的・継続的な専門能力の習得と向上が図られること、また生涯を通じて看護職が活躍し続けられるキャリアパスを明示すること等により、国民に対する安心・安全な医療提供体制の構築に資することを目的としています。

徳島大学病院のプラン
 ① 事業名称
   愛と知と技のバランスのとれた看護職養成
   ~自己啓発力を高め看護実践力向上を目指すプラン~
 ② 目的
   看護部と本学医学部保健学科看護学専攻等が連携を図り、愛と知と技のバランスのとれた看護実践力を向上させる教育プログラムを開発するとともに、看護職の多様なるキャリア生き方を支援するキャリアパスを構築することである。また、それぞれの看護師が持つ能力、資質を高め、臨床現場で教育指導が効果的に実施でき、学生の実習指導、演習、講義ができる教育指導者を養成することである。

 ③ 特色
   看護人材成長の3要素を経験、教育、自己啓発とし、人事交流により経験と教育を連動させ、自己啓発力を高める人材養成システムを整備することである。

 ④ 成果・効果
  ・患者のニーズに沿った看護実践力の習得が可能となり、看護ケアに対する患者からの満足度向上が期待できる。
  ・多くのジェネラリストが障害にわたって、やりがいや目的を持って働き続けられることが期待でき、看護師個々がキャリアを描くことが可能となる。

 事業計画期間等
  事業期間:平成22年から5ヶ年間
  補助金額:1億2500万円(2500万円/年)

 選定取組の概要及び選定理由は【PDF閲覧】をご覧ください。
PDF閲覧
関連記事:看護部


2011年のお知らせ

各年のお知らせ