診療科等のご案内

中央診療棟施設等

地域産婦人科診療部

診療紹介

 産婦人科医師の不足によって、分娩を取り扱う施設が急激に減少しており、地方では住んでいる地域で分娩できない分娩難民が発生し社会問題となっている。妊娠・分娩は急変する可能性があり、その場合複数の産婦人科医師と新生児を診る医師が必要であることから、病院の集約化が進んでおり、状況の悪化に拍車がかかっている。徳島県南部においても阿南市以南には産婦人科が無く、またがん拠点病院や不妊クリニック、周産期センターは徳島市に集中しており、診療格差が大きく住民にとっては非常に困った事態となっている。地域産婦人科診療部はこのような状況を何とかするための社会実験を行う講座である。

◆診療体制◆

 教授1名、助教2名の3人体制で、大学の産婦人科教室と協力しながら県立海部病院で産婦人科の診療を行なっている。

◆目的◆

1)近くの産婦人科病院と如何に連携していくか。
2)専門医でなくても高い診療レベルを維持するために大病院の専門医と如何に連携していくか。
3)看護師や助産師の研修システムの構築
4)緩和治療について在宅や診療所緩和ネットワークの構築
5)がん登録システムの構築
6)がん検診、がん治療、不妊症、更年期、妊娠・出産などについて住民向けの講演や患者教室を行ない、
  行政や住民の意識改革をはかり、住民のニーズを明らかにする。
7)医学生や研修医の地域医療に関する教育

主要疾患

周産期

海部病院では、産婦人科医1名体制で分娩を行っています。
海部病院でできることについて説明させていただき、同意をいただいた患者様で、リスクの少ない方に関し分娩を行っています。
妊婦検診は行っておりますので、分娩場所を違う病院でという事も可能です。
また、リスクのある方に関しては大学病院をはじめ、近隣の病院へ紹介させていただきます。

婦人科腫瘍

現在、当院では手術等の治療は行っておりません。
しかし、MRIをはじめ、組織診断や画像検査は行っております。
精査で治療が必要と判断した時には、大学病院をはじめ近隣の病院へ紹介させていただいております。
治療中の血液検査や、定期健診、終末期医療などは当院でも行っております。ご相談ください。

婦人科一般

更年期をはじめ、月経痛や尿漏れ、一般検診などを行っております。女性医師も2名おります。気軽にご相談ください。

不妊治療

一般的なスクリーニング検査、ほか、治療も行っております。
高度な治療に関しては大学病院と協力し、自宅に近い当院と大学病院へ通院いただきながら行っております。ご相談ください。

スタッフ紹介

  • 特任助教 岩佐 武
  • 経  歴:

    徳島大学大学院(2007年卒)

  • 専門分野:

    日本産科婦人科学会専門医

    生殖内分泌

  • 特任助教 河北 貴子
  • 経  歴:

    2006年 鳥取大学

  • 専門分野:

    産婦人科専門医
    乳房超音波判定医

    婦人科腫瘍

  • 特任助教 七條 あつ子
  • 経  歴:

    2008年 徳島大学

  • 専門分野:

    産婦人科専門医

◆「いきいきらいふ(徳大病院だより)」

●「いきいきらいふno.28(2010年7月号)」に記事が掲載されました。

 地域連携の部屋
     「寄附講座Ⅲ:地域産婦人科診療部」

※掲載記事はこちら→  閲覧