診療科等のご案内

診療支援部

臨床工学技術部門

臨床工学技術部門紹介

【ME管理センター】
ME管理センターでは、臨床工学技士が生命維持管理装置(血液浄化、体外循環、呼吸管理などに使用される装置)および先端技術を応用した医療機器の操作・保守・管理を主な業務としています。
元来、臨床工学技士業務は生命に直結することが多々あり、安全性、スタッフ間での信頼、納得が重要とされます。そのため日頃から全員参加によるモーニングカンファレンスやミーティング、勉強会等を積極的に行い、メンバー同士の知識、技術の共有、合意を図っています。高度先進医療、災害対策拠点病院を担う本院では、さらに高度な知識と技術や教育システムの構築が要求され、これらに対応できるよう日々チーム一丸となって努めています。
組織
現在、ME管理センターは中央診療棟1階に位置し、診療支援部 臨床工学技術部門の臨床工学技士スタッフを6部署(手術室、集学治療病棟、心臓カテーテル室、人工透析室、MEセンター、内視鏡センター)のチーム編成とし、18名(センター長1名、副センター長1名、主任1名、技士15名)で構成されています。
・配置
臨床工学技士が配置されている部署のスタッフ数は、①手術室(3~5名)、②集学治療病棟(2~3名)、③心臓カテーテル室(2~3名)、④人工透析室(2~3名)、⑤MEセンター(1~2名)、⑥内視鏡センター(1~2名)を配置しています。
当ME管理センターの特徴は、臨床工学技士が流動的に病院全体に配置されていることです。具体的には、各部署のマンパワーと業務の内容により、毎日人員の配置が変動し、1日のうちでも時間帯(午前、午後)により、各業務に派遣できうる人員数は変動します。
・MEオンコール待機
平成24年4月より、MEオンコール待機(5部署:手術室,集学治療病棟,心臓カテーテル室,人工透析室,MEセンター)を開始しております。平成27年度における各部署のオンコール件数は、①手術室:59件、②集学治療病棟(ECMO,PCPS含む):130件、③心臓カテーテル室:31件、④透析室:74件、⑤MEセンター:85件でした。
・管理当直業務
平成26年10月より、臨床工学技士の24時間体制(専任の臨床工学技士が、常時、院内に勤務している)として、管理当直を開始しております。平日(夜間)は臨床工学技士1名、土・日・祭日(昼間・夜間)は臨床工学技士2名が行っております。
≪場所≫◎ME管理センター:中央診療棟1階


【手術室】
手術室では各診療科の手術に対し、様々な技術支援を行っています。主な業務として、①人工心肺装置や補助循環装置(PCPS,IABP)の操作、②自己血回収装置の操作、③レーザー手術装置の操作、④誘発電位(SEP,ABR,MEP,VEP)の測定時の介助、⑤整形外科・インプラント挿入時のナビ操作、⑥ダヴィンチ手術時の介助、⑦内視鏡手術時の介助、⑧ME機器の保守管理などがあります。
また平成27年に開院した新外来棟には「ハイブリッド手術室」が設けられ、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)や低侵襲心臓手術(MICS)の実施に向けて取り組んでいます。


         人工心肺の操作             自己血回収装置の操作

           ホームページ 010.JPG          
 
       レーザー手術装置の操作                  誘発電位の測定介助
           ホームページ 015.JPG            ホームページ 007.JPG            
       ダヴィンチ手術時の介助                        ハイブリッド手術室の全景
            ホームページ 009.JPG            ホームページ 008.JPG            
≪場所≫
◎手術室:中央診療棟4階、新外来棟4階
 

【集学治療病棟】
集学治療病棟はICU(11床),SCU(9床)、HCU(12床)を備えています。集学治療病棟では、臨床工学技士が常在し業務を行い、夜間の急患にはオンコール体制をとり、24時間対応しています。
   
                 
   救急集中治療部 医療機器管理室      専任のCEが常在して業務を行っています。
 
当院救急集中治療部では、

1.急性呼吸不全や大手術後の患者への人工呼吸器, 非侵襲的陽圧換気法(NIPPV), High Flow Nasal Cannula(HFNC)等のセッティング。
2.急性腎障害(AKI)、大手術後の持続的腎代替療法(CRRT)や免疫、神経疾患の血液浄化療法の
操作、管理。
3.集中治療患者や熱傷患者への気管支鏡検査等の介助、気管支鏡スコープの本洗浄。
4.低体温、平温療法のセッティング。
5.Dr’s Carに搭載される移動用人工呼吸器、患者監視装置、吸引装置等のセッティング
6.補助循環装置(IABP,ECMO)のセッティング、施行中およびウィーニングの操作、管理。
7.医療機器や周辺機器の保守管理業務
 
現在は、急性呼吸不全症例に対する体外式膜型人工肺(ECMO)業務も確立させています。
その他にも他職種への勉強会の開催や院内の感染、災害研修にも積極的に参加しています。
 
≪場所≫
◎集学治療病棟:東病棟4階
 
 
【心臓カテーテル室】
心臓カテーテル室では、心臓カテーテル検査・治療業務から、電気的エネルギーの負荷を伴う治療チームでの業務を担っています。また、各種補助循環装置(PCPS,IABP)などの急変時の対応も24時間オンコール体制で行っています。
 
1.虚血性心疾患、弁膜症、先天性心疾患などに関する業務
①体計測関連業務
心臓カテーテルモニタリングシステムを用い生体情報の監視、報告ならびに計測、記録を行い、測定値より算出される各種情報を理解する。主な生体情報モニターは心電図、心内心電図、経皮的動脈血酸素飽和度、各心腔,血管内圧、心拍出量、弁口面積,血管径計測
 
②治療、検査関連業務
治療に必要な医療機器の準備および操作、保守管理
※主な医療機器
補助循環装置(PCPS,IABP)、除細動器、体外式ペースメーカー、ロータブレータ装置

③画像処理装置関連業務
画像処理装置や専用の装置を用いた生体情報の測定や記録
※主な装置
血管内超音波診断装置(IVUS)、光干渉断層法装置(OCT)、部分血流予備量比測定器(FFR)

 

            
 
 
                                               
2.不整脈関連業務
①電気的生理学検査(EPS)・高周波カテーテル・アブレーション(RFCA)関連機器の準備と操作および得られる生体情報や装置設定条件等の記録
※主な関連医療機器
心臓カテーテルモニタリングシステム、高周波発生装置、3次元マッピングシステム、
イリゲーションカテーテルシステム
 
②EPS・RFCA関連機器の操作と設定等
高周波通電、ノイズ対策、出力設定、フィルタ設定、除細動器のスタンバイ
 
③心臓ペースメーカー、植え込み型除細動、心臓再同期療法(CRT)埋め込み時の立会い

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

3.その他
①技術情報の収集
医療機器の使用方法ならびに安全対策に関する情報の収集、勉強会やセミナーへの積極的な参加
②情報の共有
他部門との密な連携、意見交換により患者情報、病態、治療を正確に把握する
≪場所≫
◎心臓カテーテル室:中央診療棟2階(放射線部)
 

【人工透析室】
当院における血液浄化業務は、主に東病棟4階にある「人工透析室」にて行われています。  
血液透析(HD)とは、腎臓の機能が低下して慢性腎不全に至った患者さんに対し、血液を介してその機能を代行する治療です。当院では透析導入の患者様と他院からの手術目的での紹介患者様が多く、患者様一人一人に応じた透析治療と質の高い安全管理を提供しています。
LDL吸着療法、血漿交換療法(PE)、血液吸着法(PA)などの特殊血液浄化療法なども行っています。
またシャントケアを積極的に行っており、超音波エコー下PTAなどの治療も行っています。
 
                                人工透析室                                                         透析室内(治療開始前)
     
 
              超音波エコー下PTA                                                   LDL吸着(治療開始前)
                                                                         
                                  
≪場所≫
◎人工透析室:東病棟4階
 
 
【医療機器管理】
MEセンターでは、医療機器の管理業務を行っております。また、夜間・休日の緊急時も24時間オンコール体制ですぐに対応できるようにしています。
主な業務としては、周産母子センター内の新生児集中治療室(NICU,東病棟3階)における人工呼吸器の操作・管理・日常点検(使用前・使用中・使用後点検)、窒素ガス療法における補助、閉鎖式保育器(クベース)の日常点検などを行っています。
各病棟においては人工呼吸器のラウンド業務や除細動器・AEDの管理・定期点検をはじめ、輸液ポンプやシリンジポンプ・ベッドサイドモニターなど約900台もの機器管理には機器管理ファイルを用いて貸出から返却・点検などを中央管理しています。各機器の医療機器メーカーへの修理依頼や医療機器の新規購入のサポートも臨床工学技士が行っています。
2013年10月より、安全管理対策室(現在、安全管理部)ならびに看護部の協力の下、各病棟、外来、中央診療部門にて使用されている「再使用可能な手動式肺人工蘇生器(成人用、小児用、新生児用BVM)」の機種統一化を図り、BVMの中央管理を行っております。臨床工学技士は、物流センターにて洗浄・滅菌されたBVMを組立て、使用前点検を実施し、保管期限記入後、BVMの貸出を行っております。
2016年4月より、循環器内科外来及び心臓血管外科外来で実施されている「PM(ペースメーカ)外来業務」は、手術室業務からMEセンター業務に移管されました(主に毎月第1週、第2週目木曜日)。
 
MEセンターで管理している医療機器                                                                              
・人工呼吸器                       30台                       
・輸液ポンプ                        300台
・シリンジポンプ                   250台
・ベッドサイドモニター          10台
・AED                                    31台
・除細動器                                21台
・閉鎖式保育器                         14台
・超音波ネブライザ                  30台
・その他ME機器         280台 
合計            970台
(平成28年3月現在)

                          医療機器貸出室                                                   PM外来業務
                          
                                       
【医療機器研修会】
特定機能病院においては、特に安全使用に際して、技術の習熟が必要と考えられる医療機器に関しての研修を定期的に医療従事者に行うことが義務付けされております。
ME管理センターでは、臨床工学技士が各病棟、外来における医療機器の研修会(または勉強会)や
キャリアアップ推進部門と共同して院内研修にも力を入れています。
 
医療機器研修会(2015年度実績,合計9件) 
 ①東病棟2階(精神科神経科)  1件(人工呼吸器 LTV1200)
 ②東病棟3階(NICU)       2件(人工呼吸器 SLE1000,SLE2000,SLE5000,e360,ハミングV)
 ③東病棟6階(外科)      1件(ネーザルハイフロー OPTIFLOW)
    ④西病棟2階(消化器内科)   1件(ネーザルハイフロー OPTIFLOW)
 ⑤西病棟4階(循環器内科)   1件(人工呼吸器 LTV1200)
 ⑥西病棟(呼吸器内科)      1件(人工呼吸器 LTV1200)
 ⑦西病棟8階(耳鼻咽喉科)     1件(ベッドサイドモニター)    
 ⑧化学療法室(外来)      1件(ベッドサイドモニター)

   

 
                           人工呼吸器の使用前点検         NICUでのラウンド業務 
                     
      閉鎖式保育器の使用前点検                        周産母子センター(器材室)
             DSCN0561
≪場所≫◎医療機器管理室:中央診療棟1階(医療機器貸出室)


【細胞治療センター】

小児から成人までの造血幹細胞移植における幹細胞採取や骨髄液処理、顆粒球採取、白血球除去など積極的に行っています。臨床工学技士は血液内科の医師の指示の下、造血幹細胞移植時に必要な細胞を「遠心型血液成分分離装置」にて分離採取しています。
 
*造血幹細胞とは
造血幹細胞とは、赤血球・白血球・血小板のもとになる細胞のことです。骨髄は造血幹細胞を豊富に含んでいます。造血幹細胞は再生能力があり、普通は一生無くなることはありません。顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)投与や抗がん剤治療を受けると、骨髄中の造血幹細胞が血管の中へ漏れ出し、赤血球や白血球、血小板と一緒に全身に流れてくることがあります。肺炎など感染症罹患時などにもみられます。このように、末梢血中に一時的に漏れ出してくる造血幹細胞は、「末梢血幹細胞」と呼ばれています。

2015年度血液採取件数
・造血幹細胞移植(PBSCT)           16例
・骨髄液処理(BMP)                          3例
・ドナーリンパ球採取                             4例

                                                                       
        遠心型血液成分分離装置